乱視

乱視は、光が目に入る方法に影響を与え、視界がぼやけたり歪んだりする一般的な目の病気です。目の角膜や水晶体の形が不規則で、光が網膜に正しく焦点を結ばない場合に起こります。この記事では、乱視の原因、症状、診断、治療、予防について説明します。

乱視の原因

乱視は、遺伝、目の怪我、目の手術、円錐角膜のような特定の目の状態など、様々な要因によって引き起こされる可能性があります。また、光の入り方に影響を与える屈折異常である遠視や近視によって引き起こされることもあります。

乱視の症状

乱視の最も一般的な症状は、視界がぼやけたり歪んだりすることです。その他の症状としては、頭痛、眼精疲労、夜間視力の低下、目を細める、複視などがあります。

乱視の種類

乱視にはいくつかの種類がある:

  • 正乱視:これは最も一般的な乱視のタイプで、角膜が一方向に大きく曲がっています。
  • 不正乱視:角膜が不均等に湾曲し、歪んだ視力を引き起こす。
  • 角膜乱視:角膜の形が不規則な場合に起こります。
  • レンズ性乱視:目の水晶体が不規則な形をしている場合に起こります。

乱視の診断

乱視は、屈折検査、角膜トポグラフィー、ケラトメトリーなどを含む総合的な眼科検査によって診断することができます。これらの検査は、乱視の度合いや種類、その他の目の基礎疾患を判断するのに役立ちます。

乱視の治療

乱視は、以下のようなさまざまな方法で治療することができる:

  • 眼鏡処方眼鏡は、角膜や水晶体の不規則な形状を補正することで乱視を矯正することができます。
  • コンタクトレンズ:コンタクトレンズも目の形に合わせて乱視を矯正することができます。
  • オルソケラトロジー特殊なコンタクトレンズを使って、寝ている間に角膜の形を整え、日中にクリアな視界を提供する非外科的治療法です。
  • 屈折矯正手術:レーシック、PRK、ラセックなど、レーザーを使って角膜の形を整え、乱視を矯正する手術が含まれます。

どの医者に行けばいいですか?

乱視の疑いがある場合、眼科医または検眼医の予約を取ることが重要です。しかし、乱視の場合、検眼医と眼科医のどちらを受診すべきでしょうか?

検眼医

検眼士は眼科医療を専門とする医療専門家で、眼科検診、眼鏡やコンタクトレンズの処方、乱視などの眼疾患の診断や治療を行うことができる。また、屈折矯正手術を受ける患者の術前・術後のケアも行うことができる。

オプトメトリストは通常、学士号取得後、4年間の検眼学博士(OD)課程を修了する。彼らは検眼の免許を持ち、乱視を含む様々な目の症状を診断・治療することができます。

眼科医

眼科医は眼科医療を専門とする医師で、眼科検診、眼疾患の診断と治療、レーシックやPRKなどの眼科手術を行うことができます。また、屈折矯正手術を受ける患者の術前術後のケアも行います。

眼科医は通常、学士号取得後4年間の医学学位プログラムを修了し、その後眼科の研修医となります。眼科医は医師免許を持ち、乱視を含む様々な眼疾患の診断と治療を行います。

乱視の合併症

乱視を放置しておくと、頭痛、眼精疲労、目のかすみ、夜間視力の低下、目を細める、二重に見えるなどの合併症を引き起こす可能性があります。また、眼感染症やその他の眼疾患のリスクも高まります。

乱視の予防

乱視を確実に防ぐ方法はないが、リスクを減らすためにできることはいくつかある:

  • 定期的な眼科検診は、乱視やその他の眼疾患を早期に発見し、迅速な治療を可能にします。
  • 保護メガネの着用や目の怪我を避けるなど、適切なアイケアが乱視の予防に役立ちます。
  • アイウェア安全眼鏡やゴーグルなどの保護眼鏡を着用することで、乱視の原因となる目の怪我を防ぐことができます。
  • ビタミンやミネラルを豊富に含む健康的な食事を摂ることは、目の健康を維持し、乱視などの目の病気のリスクを軽減するのに役立ちます。

結論

乱視は、視界がぼやけたり歪んだりする一般的な目の症状です。乱視は、遺伝、目の怪我、特定の目の疾患など、さまざまな要因によって引き起こされます。症状としては、目のかすみ、頭痛、眼精疲労、夜間視力の低下などがあります。乱視は総合的な眼科検査で診断することができ、眼鏡、コンタクトレンズ、オルソケラトロジー、屈折矯正手術などの方法で治療することができます。定期的な眼科検診、適切なアイケア、保護メガネの着用、健康的な食生活は、乱視やその他の眼疾患の予防に役立ちます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

jaJA
上部へスクロール