基底細胞癌(Basal Cell Carcinoma)(バサリオーマ

基底細胞癌(BCC)は、世界中で数百万人が罹患している一般的な皮膚癌の一種です。メラノーマほど致命的ではありませんが、この病気は放置しておくと醜い姿になることがあります。今回は、BCCの原因、症状、診断、治療法、そして早期発見と予防の重要性について解説します。

基底細胞がんとは?

BCCは、表皮(皮膚の一番外側の層)の最深部にある基底細胞に発症する皮膚がんの一種です。これらの細胞が無秩序に増殖し、腫瘍を発生させることで発症する病気です。BCCは、顔、首、腕など、日頃から日光にさらされている皮膚の部位に最も多くみられます。

基底細胞癌のリスクファクターと原因

BCCの主な原因は、太陽や日焼けベッドからの紫外線(UV)放射への曝露です。その他の危険因子としては、皮膚がんの家族歴、色白、頻繁に日焼けをする、特定の化学物質にさらされる、免疫力が低下しているなどがあります。BCCは50歳以上の方に最も多く見られますが、年齢に関係なく発症する可能性があります。

基底細胞癌の症状について

BCCは、多くの場合、皮膚に真珠のような小さな隆起として現れますが、赤や茶色の斑点や、ピンクや白の成長という形をとることもあります。病変部は光沢があり、ワックス状や鱗片状の外観を持つこともあります。場合によっては、BCCは痂皮、出血、潰瘍を生じることもあります。BCCを放置すると、皮膚や周辺組織の奥深くまで進行し、醜い外見になったり、ごく稀に死亡することもあります。

基底細胞癌の診断

BCCは、生検によって診断されます。生検では、患部から皮膚組織の小さなサンプルを取り出して調べます。がん細胞が存在する場合、生検の結果、BCCの種類が判明し、治療方針の決定に役立ちます。

基底細胞癌の治療

BCCには、以下のような治療法があります:

  • 外科的に切除する:BCCの最も一般的な治療法は、メスなどの手術器具で腫瘍とその周辺組織を切除することです。これは通常、局所麻酔で行われます。
  • 放射線治療です:放射線療法は、BCCを治療するための非外科的な選択肢の一つです。高エネルギーの放射線を用いてがん細胞を死滅させるものです。
  • 外用薬です:一部の外用クリームやジェルは、より小さなBCC病変の治療に使用することができます。これらの薬は、がん細胞を攻撃するために免疫系を刺激することで効果を発揮します。
  • モース手術:モース硬性骨髄腫の手術は、がん細胞が取り除かれるまで、組織を薄く削り取る特殊な手術法です。モース手術は通常、より大きな、またはより複雑なBCC病変にのみ行われます。

病変の大きさや位置、がんの種類、患者さんの健康状態などの要因によって、最適な治療法が決まります。

病気の前と後

BCCと診断される前の生活は、日常的に日光を浴び、日焼け止めや防護服などの日焼け対策をしていないことが多いようです。診断を受けると、患者さんは不安や醜い姿への恐怖を感じるかもしれませんが、早期発見と治療が完治につながることを覚えておくことが大切です。治療後は、長時間の日光浴を避け、保護服を着用するなど、さらなるダメージから肌を守るための対策をとる必要があります。

基底細胞癌の予防

BCCの予防には、紫外線から肌を守るための対策が必要です。これには以下のようなものがあります:

  • 防護服の着用:長袖のシャツやズボン、帽子などは、太陽光線から皮膚を保護する効果があります。
  • 日焼け止めを使うことSPF30以上のブロードスペクトラムの日焼け止めを使用することで、紫外線から肌を保護することができます。
  • 日陰を求める:特に日差しが強くなる午前10時から午後4時までは日陰で過ごすと、紫外線を浴びにくくすることができます。
  • タンニングベッドを避ける日焼けベッドは紫外線を放出し、皮膚がんのリスクを高める可能性があります。

基底細胞癌からの対処と回復

BCCの診断を受けることは、感情的に困難なことです。患者さんは病気と向き合う中で、不安や抑うつ、怒りなどを感じることがあります。診断や治療に対処するためには、家族、友人、支援グループなどの支援体制が役立ちます。治療後は、皮膚科医に経過観察を依頼し、皮膚に変化がないかを観察する必要があります。

科学研究

BCCの原因や治療法に関する研究は現在進行中です。研究により、特定の遺伝子変異がBCCのリスクを高める可能性があること、また、特定の薬、たとえば 

免疫抑制剤の使用は、本疾患の発症リスクを高める可能性があります。また、進行・再発したBCC患者さんの予後を改善するために、標的治療や免疫療法などの新しい治療法の開発に重点を置いた研究も行われています。

興味深い事実

  • 基底細胞がんは、皮膚がんの中で最も多く、全体の約80%を占めています。
  • BCCは、女性よりも男性に多く見られます。
  • この病気は、顔や首など、日頃から日光にさらされている皮膚の部分に多く見られます。
  • BCCは致命的になることはほとんどありませんが、放置すると醜い姿になることがあります。
  • ある研究では、35歳以前に日焼けベッドを使用した人は、BCCを発症するリスクが75%高いことが判明しました。

結論

基底細胞がんは、世界中で何百万人もの人が罹患している一般的な皮膚がんの一種です。メラノーマなどの他の皮膚がんほど致命的ではありませんが、未治療のまま放置すると、醜い姿になる可能性があります。BCCを発症するリスクを減らし、治療成績を向上させるためには、予防と早期発見が重要です。BCCと診断された患者さんは、医療チームと緊密に連携して、最善の治療方針とフォローアップケアを決定してください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

jaJA
上部へスクロール