カリウム(K)

カリウム(K)-体内の微量栄養素の一つ

微量栄養素は、体の機能を正常に保つために必要不可欠なものです。そのような微量栄養素のひとつがカリウムで、さまざまな身体機能において重要な役割を担っています。今回は、カリウムの重要性、体内での働き、1日の推奨摂取量、摂取源、欠乏や過剰に伴う潜在的なリスクについて説明します。

カリウムの体内での働き

カリウムは、体内で以下のような重要な働きに関与しています:

  • 体液バランスの調整
  • 循環器系の健康維持
  • 酸・塩基平衡の調整
  • 筋肉や神経の働きをサポートする
  • 代謝に影響を与える

カリウムの1日の推奨摂取量

成人のカリウムの推奨摂取量は、1日あたり2,500~3,000mgとされています。ただし、実際の必要量は年齢、性別、身体活動レベルや病状などの他の要因によって異なる場合があります。

カリウムの供給源

カリウムは、以下のような様々な食品に含まれています:

  • バナナ、オレンジ、キウイなどの果物
  • ほうれん草、ブロッコリー、じゃがいもなどの野菜類
  • 牛乳やヨーグルトなどの乳製品
  • 肉、鶏肉、魚
  • ナッツ・種子
食品100gあたりのカリウム含有量1日の必要量に対して%サービングサイズ(g)1食あたりのカリウム(mg)
ドライアプリコット1,162mg25%40465
ビーツグリーン762ミリグラム16%100762
ホウレンソウ558ミリグラム12%100558
アサリ628ミリグラム13%100628
アボカド485mg10%100485
エーコンスカッシュ437mg9%205895
サツマイモ337mg7%100337
バナナ358mg8%118422
サーモン363ミリグラム8%100363
黒豆358mg8%172616
ヨーグルト255mg5%245624
トマトソース237mg5%100237
ミルク150mg3%244366
ポメグラネート236mg5%100236
白米35 mg1%10035

注:各食品の典型的な1食分からどの程度のカリウムが得られるかをよりよく理解するために、1食分のサイズとカリウムを記載しています。表は、1日の必要量の%の欄に基づき、降順にソートされています。

カリウム欠乏症に伴うリスク

カリウムが不足すると、以下のような健康上の問題が生じる可能性があります:

  • 筋力低下やけいれん
  • 疲労度
  • 高血圧
  • 不規則な心拍
  • 脳卒中のリスクが高まる

カリウムの過剰摂取に伴うリスク

また、カリウムの過剰摂取は、特に腎臓に問題がある人にとっては、健康を害する可能性があります。カリウム過剰の症状には、以下のようなものがあります:

  • 吐き気・嘔吐
  • 筋力低下
  • 不規則な心拍
  • 四肢のしびれや麻痺がある。

興味深い事実

  • カリウムは、地殻中に4番目に多く存在する元素です。
  • カリウムは1807年、サー・ハンフリー・デイヴィーによって発見されました。
  • カリウムは、ガラス、石鹸、肥料の製造に使用されます。

結論

カリウムは、様々な身体機能に重要な役割を果たす必須微量栄養素です。健康を維持するためには、バランスの良い食事を通して十分な量のカリウムを摂取することが重要です。しかし、カリウムの過剰摂取や不足は健康上の問題を引き起こす可能性があるため、食生活を大きく変える前に医療専門家に相談することが重要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

jaJA
上部へスクロール